朝すっきり、やはり医者の薬は効く!

数年前から「うつ」に悩まされ、不眠状態が続いていました。仕事に支障が出始めたので、自分で薬局で薬を買って飲むのはやめて、ちゃんと神経内科へ行って「抗鬱剤」と「入眠導入剤」をもらいました。幸い症状があまりひどくなかったので一番軽めの薬を調剤してもらいました。

説明書によると「ロヒプノール」「ユーロジン」「エパミール」「セパゾン」という薬らしいです。

最近大学生になり遠距離通学をする娘を待って、夜遅くまで起きているためにどうしても睡眠時間が少なくなります。

これで薬を飲んで寝たら次の日の朝起きられなくなるのでは・・・と心配していましたが、きちんと目覚まし通りに起き、しかも目覚めはすっきりでした。

飲まないで寝た時以上に気持ち良く朝が迎えられました。

医師の話によると、鬱にはとにかく寝ることが大切だそうです。

もらった薬は長く寝る薬ではなく、すぐに深くぐっすり眠れるように作られた薬だそうです。

だから、多少睡眠時間が短くても飲んで寝ても朝は起きられるし、飲まない時よりも頭の中はすっきりするそうです。

確かにむかし「鬱」がひどかったころは薬を飲まないで寝ると気持ちの悪い夢ばかり見て、寝たのかどうかわからずに朝からイライラしていたことがありました。

結局「鬱」のせいで仕事はやめて、今は主夫をしています。そのため今までより早く起きて弁当作りもするようになりました。

でも、薬を飲んで寝た次の日はそれなりに「眠れたなぁ」という感じがしてすっきり動き出せています。

やはり「餅は餅屋」。

自分であれこれ試してみるより医者に症状を話して、自分に合った薬をもらうのが一番の近道だと思っています。

(兵庫県神戸市 ペンネームうつうつさん)

睡眠薬、頼りたくないけど頼っています。

私は5年ほど前から心療内科に通っております。双極性感情障害(躁うつ病)が主な病気で、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ前には進んでいます。

5年前の最初のほうから処方してもらっている睡眠導入剤は「ブロチゾラム」というものです。寝つきがよくなる薬で、効果は本当に最初の2~3時間のようですね。

ただ、現在病気が悪化している状態でして、このブロチゾラムを飲んでも寝付けなくなってしまったため、処方を変えられました。

今服用中のものは、「フルニトラゼパム錠1mg『アメル』」というものと、「クアゼパム錠15mg『YD』」の2種類です。

フルニトラゼパムのほうは不眠症の治療や、手術前に用いるお薬のようです。クアゼパムは、不安や緊張を和らげ、入眠を促し、よく眠れるようにする薬だそうです。

さすがに睡眠薬強めのを2種類と、他にもかなりの数の薬を処方されていますので、今は、気を失うようにぱたっと寝ます。

そして、朝も意外なほどに、パッと目が覚めます。今は休職していて昼間あまり活動をしていないので体が「もう充分寝た!」って起きてしまうだけかもしれませんが。

睡眠薬は、最初のブロチゾラムの時は、調子が良い時は使用を中止しても眠ることができました。

ないと眠れないというのはとても辛いことです。

昼間体を動かして、睡眠薬などなくてもぐっすり眠れる体に戻るべく、治療をマイペースに続けていきたいと思います。

(福岡県  S.H.さん)

睡眠薬を飲んででもぐっすり眠ることが大切です。

私は以前うつ病に悩まされていて、約3年ほど睡眠薬を使っていました。

うつになった原因は、身内が亡くなったこと、数年間勤務した会社は経営不振のためリストラに走ってしまい、切られる前に会社を辞めてしまい、不安定な状態であったこと、引越しをしたことなどが原因のようですが、当時は何をしても心が重く、ささいなことで涙が出るなどかなりの情緒不安定状態が続いていました。

うつ病のタイプによっては夜眠れなくなったり、眠れないせいで頭のなかで悩み事や心配事などが渦巻いてしまい、明け方近くになってようやく眠れたのに2~3時間程度の浅く眠るだけといった日々が続いていました。

当然のことながら仕事もできず、自宅療養を続けていましたが、うつ病が治るまでの3年間ずっと睡眠薬を飲んでいました。

最初のうちは、父親には「睡眠薬なんか飲んでいたら、依存状態になる」といわれていましたが、睡眠薬を飲まないと夜もぐっすりと眠れないし、眠れないまま翌日過ごしていても、頭にもやがかかった状態のまま過ごすのは、気持ち的にもすっきりできません。

最初は私も睡眠薬という響きに躊躇し、飲まなかったのですが、飲んで寝るとぐっすり眠れるし、翌日のけだるさも少なくなるので、やめようと決心するまでずっと飲み続けていました。

うつが軽くなり、もうそろそろ辞め時かな?と思ってからの最初の週間程度はもやもやした状態でしたが、それから少しづつ眠れるようになり、現在では飲まずに簡単に眠れるようになっています。

睡眠薬と聞くと、あまり良いイメージをもたれないようですが、眠れないとイライラしながら夜を過ごすより、薬を使ってでも眠った方が身体には有益ですので、飲む場合には、医師の決めた用量を守って飲むようにしましょう。

(長崎県/てんてんさん)

僕が使用したことのある睡眠導入剤。

睡眠薬について、尚且つ僕自身が使用したことのある睡眠導入剤についてお話させて下さい。

まず、睡眠薬を使用するきっかけとなったのが、不安感やストレスからでした。

それまで寝つきが悪かったのですが、さらに悪くなり、そのうえ夜中に目が覚めて中途覚醒して眠れなくなってしまったのです。

そのころの一日の睡眠時間といえば3時間寝れれば良い方だったのではないでしょうか??そういうことなので、とにかく日中眠たくて仕方がありませんでした。

そこで、人生で初めて精神科に行く事になったのです。

最初、先生に仕事上でのストレスや不安を訴えると、症状に合った睡眠薬を処方してくれました。

そう、それが「ロヒプノール」です。

これで眠れるぞ、と嬉しくなり、早速その日から服用を開始し始めました。

すると、夜もしっかりと眠れるようになり、朝はスッキリ、という良いリズムが続きました。

しかしながら、これでもう不眠症に悩まなくても大丈夫だ、と喜んでいた矢先のこと。

また眠れなくなる日々がやってきました。

早速そのことをクリニックの先生に相談すると、ロヒプノールは耐性が付きやすい薬で、あまり飲んでいると効果がなくなるというご意見でした。

そして、別の睡眠薬、「マイスリー」に変更してくれました。

ピンク色のお薬です。

効果は抜群でした。

ぐっすり眠れるようになり、耐性も付きませんでした。

ただ感想としては、翌日にも眠気が残ってしまう事がある、という事です。

以上、睡眠薬の実際の体験談をご紹介させて頂きました。

少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

(大阪府 kotekoteさん)

睡眠薬を利用したのは1度だけ

私が睡眠薬を利用したことがあるのは、1度だけです。

私は、普段、何も予定がないと、22時間位平気で寝てしまいます。

そして、寝つきもそんなに悪くはありません。

10分位楽しい妄想をしている内に寝てしまいます。

私が今まで生きてきて、「睡眠薬」のお世話になったのは1度だけです。

それは、手術前日。翌日が手術の人はやはり緊張や不安で寝れないそうです。

その為、全員に睡眠薬を飲んでもらうとのことだったので、生まれて初めて飲みました。

しかし、部屋が近い場所にお婆さんが入院していました。

その人は、やはり病気のせいもありますし、わりかし高齢の人は朝も早朝から目が覚めてしまうと思います。

そのお婆さんは、目が覚めると大声で歌を歌っていました。

見かねた医師が睡眠薬を処方していましたが、睡眠薬は「よし。寝よう。」と思って飲まないと効かないそうで、一晩に何回も処方されていました。

お婆さんは今でも元気でしょうか?

(沖縄県 J.Mさん)

休養が必要なときには無理せず睡眠薬に頼ってみたい

睡眠薬、と聞くとできれば使いたくないなあ…というのが正直な気持ちですが、私は寝つきが悪く使いたいと思う時も多々あります。市販のものも使ってみようと思いましたが、なかなか買うにはいたらず…。

安眠に効くというバレリアンのサプリも購入してみましたが、効果はイマイチな感じでした。

昨年、初めて入院をする機会があったのですが、やはり慣れない入院、ベッドということで初日はほとんど眠ることができませんでした。

寝れないと回復にも支障が出るので、薬出しますので教えてくださいね~と言われていたので、次の日からお願いして出してもらいました。

睡眠薬というか睡眠導入剤ですね。

たぶんマイスリーだったと思います。

半信半疑で飲んでみると…ぐっすり眠れるんですよね、これが。

ちなみに、入院最終日だけ飲まないでみましたがやっぱり違いは歴然。

細切れに目が覚めるし、悪夢にうなされました。

こういう風に、休養が第一というときには遠慮せずに飲んだ方がいいと思います。

以前、やはり精神的ショックで眠れなくなってしまった経験のある友人がいっていたのですが、その友人も同じものを1年飲んでいたらしく、ある時期が来ると自然に眠れるようになったと語っていました。

だから、もし悩んでるんだったら寝れるようになるまでは飲んだ方がいいよと助言してくれたことがあります。

最近は大丈夫ですが、もしものときは無理せず病院に相談してみたいと思います。

(東京都 まみりんさん)

グッドミンを飲んで眠りにつきます

数年前から心療内科で処方してもらったグッドミンを飲んでいます。

一応、睡眠障害という診断なのですが、寝付きが悪いわけではありません。

中途覚醒と早朝覚醒というのだそうですが、ようするに夜中に何度も目が醒めてしまい、朝も予定より何時間も早く目が醒めてしまうのです。

理由はなんであれ睡眠に問題があることはわかっていたのですが、最初は知識がなかったので、普通に眠りにつけるのになぜ睡眠障害なのかという気持ちが強かったりもしました。

しかし、処方されたグッドミンを飲めばある程度、眠り続けることができるので、良いことなのか悪いことなのかなんとも言えませんが、今となってはある意味、生活に必要不可欠なものになってしまっています。

が、正直そこまで効いているとも感じられない部分もあります。

グッドミンを飲めばすぐに眠くなると言うこともありません。

布団に入って目をつむっていると徐々に聞いてくるという感じでしょうか。

そして効いている時間も感覚的には3~4時間程度といった印象です。

しかし、なにも飲まないよりは確実に眠れていることと、そこまできつい薬ではないという印象が逆に安心感につながっているような気がします。

とりあえず、無理して薬をやめようという気持ちもあまりなかったりします。

(東京都 KTさん)